Microsoft Surface Studio

[vc_row row_type=”row” use_row_as_full_screen_section=”no” type=”full_width” angled_section=”no” text_align=”left” background_image_as_pattern=”without_pattern” css_animation=””][vc_column][vc_column_text]en-intl-xl-surface-cardinal-42l-00001-mncoこれはイカす!未だに”グラフィック制作といえばマック”神話が存在しますが、自分は随分前から制作のメインマシンはWindowsです。遡ればWindows NT時代。3DをやるとどうしてもWindowsの環境の方が色々と調節ができて、マックに比べると安価で高速の環境を手にいれることができるからです。

しかしながら、PCってなんか格好悪い筐体ばっかりだし、筐体を隠すように机の下の奥の方へ押し込んだりして。。。いわゆるイケているとされているAlienwareとかも正直、自分の好みではありません。

で、けさ発見!Microsoft Surface Studio!  これいい![/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row row_type=”row” use_row_as_full_screen_section=”no” type=”full_width” angled_section=”no” text_align=”left” background_image_as_pattern=”without_pattern” css_animation=””][vc_column][vc_column_text]

  • 本体が見えない!(スクリーンの台座が本体)
  • ペンが使える!
  • Surface Dialが良さそう!
  • 電源の線一本で使える!
[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row row_type=”row” use_row_as_full_screen_section=”no” type=”full_width” angled_section=”no” text_align=”left” background_image_as_pattern=”without_pattern” css_animation=””][vc_column width=”1/4″][vc_single_image image=”16387″ img_size=”full” alignment=”center” onclick=”link_image” qode_css_animation=”element_from_fade”][/vc_column][vc_column width=”3/4″][vc_column_text]で、これがSurface Dial!なんかAdobe関連のソフトともシームレスにつかえそう。AfterEffectsとかPremierとか映像系でも使えると便利かも。最近はリニア編集時代に当たり前だったジョグシャトル、全くみなくなりましたが、これで復活かも。

dial_use[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row row_type=”row” use_row_as_full_screen_section=”no” type=”full_width” angled_section=”no” text_align=”left” background_image_as_pattern=”without_pattern” css_animation=””][vc_column][vc_empty_space][/vc_column][/vc_row][vc_row row_type=”row” use_row_as_full_screen_section=”no” type=”full_width” angled_section=”no” text_align=”left” background_image_as_pattern=”without_pattern” css_animation=””][vc_column][vc_column_text]

おしいスペック

ひとつ微妙なところが、スペックです。

CONFIGUREページを見ると、

  • 1TB Intel® Core™️i5 2GB-GPU
  • 1TB Intel® Core™️i7 2GB-GPU
  • 2TB Intel® Core™️i7 4GB-GPU

と、書いてあります。RAMは最大まで32GB搭載可能とありますが、ここが惜しい!

いっそのこと128GBとか搭載できるようにならんですかね、これ。今自分のメインマシン64GB搭載してますが、不便は感じないものの、ポスプロと編集がクロスオーバーしてきている今、もっと広大なメモリ領域が欲しくなるときもあります。Photoshopで巨大ポスターなどをデザインしているときも、然りです。

んー、でもかなり魅力的なコンピュータであることは確かです。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row row_type=”row” use_row_as_full_screen_section=”no” type=”full_width” angled_section=”no” text_align=”left” background_image_as_pattern=”without_pattern” css_animation=””][vc_column][vc_video link=”https://www.youtube.com/watch?v=BzMLA8YIgG0″ align=”center”][vc_empty_space][vc_column_text]どうでもいいけど、

このPRビデオ、イケてないっすね。特に曲。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]