SSK様 店頭販促ビデオ

Date
Category
Motion Graphics
日本で野球の道具といえばSSKさん。数年前にもバットでお手伝いさせていただきましたが、今回はスパイクシューズです。 前回同様監督は株式会社ベックスの佐伯氏。佐伯氏はしついことで有名なので、ロケ時は早々とお先に失礼しちゃいました。

この商品六角形が基本で120度の角度ブレードが飛び出しています。で、それがグリップ力を生む!ということですが、見るからにグリップしそうです。 実際の撮影は部分的にハイスピードカメラで行われていて、撮影結果をみているだけでも興味深い絵でした。 なんともグリップの様子が手に取るようにわかる。

自分たちの作業は出来上がった絵に上ものとしてモーショングラフィックをデザインしてかぶせることでした。 この手のモーショングラフィック、もちろん計画に計画を練って、、、という手法もありますが、 とりあえず、上がった絵を見てっていうパターンが増えてきていて、今回もほぼそのひとつ。 でも、かっこよくできたと思います。

SSK promotional video display

SSK is a retailer of baseball goods who I’ve been assisting with materials for their bats. This time around it was for baseball cleats (spiked shoes). As usual I was accompanied by Mr. Saeki of the company Bex as the Art Director. Saeki is well known for being easily frustrated, however since the filming took place so early I was the one to loose my patience first.

This heaxgon shaped product has a base of a 120 degree angled plate with a magnificent grip. You can even see the grip. We shot the footage using a high speed camera, and the results is fascinating. It makes me even more interested as you somehow can see it in such a tangible manner that you can almost touch it.

I simply overlayed the motion graphics and design on the footage from the shoot. When it comes to motion graphics you have to plan ahead but tweak the work as you go along, and for this project I increased the patterns in the image. I think that the end result is cool.

No Comments

Post A Comment

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn
Pocket