logo
Copyright Qode Interactive 2016

Archive

映像祭のロゴマークということで、やっぱり映像フレームをモチーフにしたかったのですが、フィルムの柄を使ってしまうとよくある感じになってしまう。ということで単純に16:9の四角をモチーフに波紋がオーバーラップしているデザインをしました。また定期的に行われるイベントであること、公共性も強く、英語での表記もあるということで、マークを完全に分離して、さまざまなパターンでさまざまなメディアで使えるように意識しました。...

富山水辺の映像祭、公募用のポスターデザインをさせていただきました。水辺といっても川もあれば海もある。日本はきれいな水に恵まれた国土を持っています。富山も例外ではなく、自然豊かなまちで行われる映像祭の表現に少し悩みました。映像のテーマは混沌からうまれるシンクロニシティ。同じ柄の鯉が2匹だけ同じ方向に、その他は別の方向に泳がせることで表現しました。鯉はイラストレーターで描いて、ワープ機能で変形しています。...

東京藝術大学の卒業生の優秀作品を東京メトロの駅構内で展示するイベントの告知ポスター、チラシデザイン。そもそも都内の地下鉄関連のデザインは非常に整然とされていて秀逸なものですが、そのデザイン構造を利用させていただきました。...

[vc_row css_animation="" row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no" type="full_width" angled_section="no" text_align="left" background_image_as_pattern="without_pattern"][vc_column][vc_column_text]ポルシェジャパンの新プログラム、クラシックポルシェも全部サポートしていくPORSCHE CLASSICのプロモーション映像制作をさせていただきました。ドイツのポルシェチャンネルでご覧いただくことができます。当日はあくまでメインは356ミーティング!356はポルシェの最初のモデルですが、どの個体も非常に綺麗でした。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]We made a promotion video for PORSCHE CLASSIC, which is also supported by Porsche Japan's new program - Classic Porsche. The main attraction was the Porsche 356 model, which was Porsche’s first model produced, and all models...

[vc_row css_animation="" row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no" type="full_width" angled_section="no" text_align="left" background_image_as_pattern="without_pattern"][vc_column][vc_column_text]法隆寺 再現 釈迦三尊像展 記念雅楽コンサート MIYABI用チラシのデザイン東京藝術大学社会連携センター特任教授・高岡市魅力発信アドバイザー 伊東順二先生のプロジェクトです。撮影する機会はなかったので、三尊像を3つの丸で雅楽色で構成するデザインを提案させてもらいました。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]This is the flyer for the Horyuji temple Shakudo-Sato memorial traditional concert. This is a project made by professor Junji Ito, who is a Tokyo National University of the Archeology Society Collaboration Center...

[vc_row css_animation="" row_type="row" use_row_as_full_screen_section="no" type="full_width" angled_section="no" text_align="left" background_image_as_pattern="without_pattern"][vc_column][vc_column_text]情報番組のロゴマークとオープニング制作。深夜枠ということもあって雑多な感じを出したいというのが、ディレクターの意向でした。もともとガッツリ3Dというのは制作していませんが、今回はある程度をモデリングしました。ボツになってしまいましたが、番組マスコットのウサギの頭もモデリング。3DレンダリングはAfterEffects内で完結できるのでVideoCopilot Elementを使いました。AfterEffects本体の3D機能とElementで大抵のことは済んでしまっています。グラフィックカードのパワーでレンダリングも行うので高速に計算もできます。用途にもよると思いますが、自分のようにデザインの中の表現として3Dを使う場合は速度や効率の面で3Dパッケージで何かを作るより、クリエイティブに集中できるかもしれません。立体物の動きもElementで行いました。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row] Rappi x Wappi Logo and opening intro to the TV show. This show is a late night show, so the director wanted to give the intro an unorganized feel to catch people's attention. I didn’t have much 3D...