logo
Copyright Qode Interactive 2016

Logic X サンプリングオーディオファイルをmidi音源として使う

Logic X サンプリングオーディオファイルをmidi音源として使う

logicprox-512x512-75なかなか、わからなかったオーディオファイルをmidi音源として使う方法、やっとわかりました。要はサンプラー付きのEXS24というソフトシンセを選択して、そのソフトシンセのインターフェイスの中で設定せよという、いかにもLogicな奥底に潜んだ方法だったのでした。

1)まずはEXS24のトラックを作って、とっととEXS24のインターフェイスをひらきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-22-58-00

で、右上のedit | optionとあるところのeditボタンを押すわけですが、自分の場合これが表示されてませんでした。こいつを表示させるには、Logic Xの環境設定>詳細ツール>詳細編集チェックボックスをオンにする必要があります。こんなのわかんないですよ、正直。

2)で、editボタンがめでたく表示されたら、それをクリック。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-23-02-59

これまた、インターフェイスの趣がいったりきたりな感じですが、ゾーンプルダウンメニューから、複数のサンプルの読み込みを選択。ひとつでも複数のサンプルの読み込みを選択します。

3)ひとつ選ぶと指定したキーの位置へ、オーディオファイルがマッピングされます。このままだと、鍵盤のひとつに読み込んだオーデイォファイルがマッピングされた状態になります。自分はこの音を音階ごとにキーボードにわりあてたかったわけです。

4)心配ご無用、画像のようにマッピング位置を伸ばすと、勝手にピッチを音階に応じて変えてくれます!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-23-08-52うーん、未来!

でも、このLogicの統一感のないインターフェイスと、いったりきたりな操作手順、どうにかならんですかね?

No Comments

Post A Comment