デザインの模倣 東京オリンピックエンブレムの件

デザインの模倣 東京オリンピックエンブレムの件

自分的にはどうでも良いことだったのですが、
いろいろな意見を見ていて自分も何か思っていることを書いておこうと思ってこのポストを投稿しています。

そもそもデザインって何でしょう?ってとこから始める価値があると思うのです。
デザインとは設計です。
今回のオリンピック案件では
●東京オリンピックである
●見た瞬間に東京オリンピックに公式に関連していることが認識できる
●もちろんオリンピックの今までの歴史上、形色が同じでないものである
●世界の祭典、万国で美しいと思われる、尚且つ日本の美学が伝わるものが好ましい
●メデイアや使いかたの多様性を考慮して転用機能が優れている必要がある
ってな感じがミッション内容でしょうか。。。
それを遂行するのが、エンブレムデザインですよね?

今回の佐野氏のデザインが巷で言うところのパクりか?
自分はそうは思いません。
あのデザインは佐野氏が上記のようなことをきちんと考えたものだと思います。
正直、どこぞの劇場のロゴとは似ていないです。
まず、コンセプトが全く違う。
しかし、優秀なデザインとも思いません。
あのデザイン論法は極めて一般的な考え方で、
単純な構成主義で目新しいものではないし、
日本の美のセンスが伝わっているかというと、
残念ながら伝わり切れていないと思います。
アプローチがクラシックすぎて、
正直そのへんの学生でも似たようなデザインに行き着くなと思いました。
優秀でないとは言いませんが、
考え方が古いと思いました。

活用の自由度が高いデザインであるという意見がありましたが、
それもすごく稚拙な判断だと思います。
今、諸処のメディアはユーザーが物理的に触れて、
メディア自体が何かしら変化することもあります。
活用度と言っても映像だけではありません。
もっと出来ることはあると思います。
もう一ついうとプロモーション映像も無難すぎてかっこ良くないなぁ、と思いました。

採用を決めた人たちの責任がもっとも大きいと思いますが、
日本の外から見たら美もへったくれもない幼稚なパッケージ感だと思います。
代理店マターの出来レースであったと思いたいです。
さもなくば、日本のデザインは相当な低レベルだと思います。
自分がもっと優秀なデザイナーであると言いたいわけではなく、
トップに選ばれたデザインがあれか、、、
みたいな印象であったということです。
正直、この案件を依頼されたら、
佐野氏以上のものを作る自信はありませんが。

他人のデザインを参考にしようと言う意見を持ったデザイナーもたくさん存在しますが、
佐野氏側のゼロベースでデザインしないことは珍しくないという意見にも異論があります。
自分が何かデザインするときは、他人のデザインを見てから自分のデザインを始めることの方が稀です。
と、いうのも隣の芝生がより青く見えるのと同じで、
ああ、この人すげぇなぁとか思い始めると自分自身が何もデザインできなくなってしまうのです。
さらに言うとその人のスタイルを盗もうとしてしまうからです。

そしてデザインは設計であるけれど、
やはりクリエイティブでなければいけません。
クリエイティブティとはオリジナリティです。
創造ですから、個性が無いわけがありません。
それをイキナリ他人を参考にしようというのは少し違うのではないかなと、
思うのです。

総じていうと、
いろいろと思うところあるものの、
パクることを佐野るとかいうのは全くもって人道的に間違っていると思うんです。
そういう低レベルなところでエキサイトする日本人たち、
がっかりします。
人間、失敗は許されないのか?
奥様に営業力があって何が悪い?
世渡りがうまくて何が悪い?
金儲けがうまくて何が悪い?
それも才能です。
人をバッシングする暇があるなら、
その時間を自分磨きに使った方がよっぽど有意義。
つくづく日本っていうのは村文化だな、と思わされます。
総理大臣からして、美しい日本を履き違えている国ですから、
仕方ないかもしれませんが。

自分、日本人だし日本が大好きです。
でも、いい加減にしないと本当に国自体がガラパゴス化してしまいます。
ガラパゴス化が間違いと断言もできませんが、自分は同調できないので
できれば、もう海外で余生を過ごしたいです。

あー、すっきりした。
文章を書いて、やっと自分の気持ちの整理がつきました。
そして、とかなんとかいいつつこのポストのアイキャッチ画像はGoogleさんから拝借してるし。。。
まぁ、これでお金を得ているわけではないですけど。

No Comments

コメントを残す